カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
《レオビジュー》踊る埴輪!漢字はにわピアス
1,980円(内税)
購入数

《レオビジュー》踊る埴輪!漢字はにわピアス
1,980円(内税)
古墳界に新たな仲間が増えました!

大阪府藤井寺市にある「(株)レオビジュー」。
もともと、高いセンスと高いクオリティが評判でした。

「(株)レオビジュー」は世界文化遺産となった古市古墳群のど真ん中にあるアクセサリー企業。地元を意識した商品づくりと、地元への還元を込めて「こふんアクセサリーシリーズ」を生み出しました。

両方の耳に付けて「埴輪」が完成。「埴」の中には「踊る埴輪」が楽しそうに踊っていますね。
そもそも「埴」という字には「昔、かわら・陶器の原料にした、きめの細かい、黄赤色の粘土」という意味があります。その土をこねて細長く伸ばしたものを輪のようにくるくると積み上げていく製法から「埴輪」とされた、という説が有力です。

そして埴輪といっても様々な形があります。このピアスのように人物をかたどった「人型埴輪」や、動物では「馬型埴輪」「水鳥埴輪」「犬型埴輪」、生活では「家形埴輪」「船形埴輪」など。それらを総称して「形象埴輪」と呼びます。
埴輪は日本各地で発掘され、その土地で盛んであった産業や生活習慣を今日に伝えてくれる貴重な資料でもあり、メッセージでもあるのです。
戦が多い土地では甲冑を着た武人型埴輪が多く、航海が盛んだった土地では船形埴輪が。群馬では野生の馬がたくさんいて、馬を操るのが巧みな民族がいました。なので大型の馬形埴輪が出土されています。「群馬」の名前はそこからつきました。

こんな風に、埴輪ひとつにしてもたくさんの物語を聞かせてくれる古代の遺物は、可愛いアクセサリーになっても饒舌です。マットな仕上がりなので輝きすぎず、さり気ないインテリジェンスを演出してくれます。

このピアスを着けた時、以上に書かれたことをほんの少しでも思い出してもらいながら、今日の話題にしてもらえると幸いです。


以下、「(株)レオビジュー」代表坂井裕子社長より。
↓↓↓
真鍮の板を、エッチングという技法でくり抜きアクセサリーに 仕立てています。
軽くてシャープな質感が自慢のシリーズです。
大人っぽい雰囲気なのに「はにわ!」をさりげなくアピールす ることができます! クスッと楽しくなれる、埴輪好きさんと繋がれる、エッチング技法のこふんアクセサリーをお楽しみください

本体:真鍮/マット金メッキ
ピアスフック:チタン
ピアスキャッチ:シリコン
モチーフサイズ:縦1.3cm×横1.3cm
この商品を購入する