カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 古墳アクセサリーなら紙cafeのイヤリング・ピアス・ネックレスを 百舌鳥古墳群と仁徳天皇陵古墳について

古墳アクセサリーなら紙cafeのイヤリング・ピアス・ネックレスを 百舌鳥古墳群と仁徳天皇陵古墳について

古墳アクセサリーなどの古墳グッズを取り扱う紙cafeでは、古墳や埴輪などをモチーフにしたピアスやイヤリング、ネックレス、ピンブローチなどを販売しています。どれもおしゃれで上品なデザインで、普段使いもしやすいのがポイント。

そこでこちらでは、多くの古墳アクセサリーのモチーフになっている百舌鳥古墳群で一番大きな古墳、仁徳天皇陵古墳について紹介します。おしゃれな古墳アクセサリーのラインナップとともに、ぜひチェックしてみてください。

百舌鳥古墳群とは?

百舌鳥古墳群の空撮01

古墳アクセサリーをお探しなら、紙cafeのイヤリング、ピアス、ネックレスがおすすめです。古墳をモチーフにした人気の古墳グッズで、古墳好きの方にはぴったりのおしゃれアクセサリーです。普段使いにもしやすい、上品な作りがポイント。

こちらではまず、古墳への理解を深めるために知っておきたい「百舌鳥古墳群とは何なのか」という点について詳しく紹介いたします。

堺市を代表する古墳文化の遺産「百舌鳥古墳群」とは、東西南北4kmにも及ぶ広大な古墳群のことです。古墳時代の頃は、なんとこの百舌鳥古墳群の中だけでも100基以上の古墳が築かれたと言われています。

現代においてその古墳はすべて残っているわけではありませんが、百舌鳥古墳群で現在確認できる古墳の数は44基。数々の古墳が消失した現在、ほかの地域と比較しても44基という数字・規模は非常に多い数が残っています。

そして、百舌鳥古墳群といえば、世界一の規模を誇る仁徳天皇陵古墳(大仙陵)があります。まさに、堺市に残る日本の古墳文化遺産の代表といえるでしょう。

紙cafeで取り扱っている古墳アクセサリーはこの大仙陵をモチーフに用いたものを多数取り扱っています。大人でも使える、上品でおしゃれなデザインに仕上げているのが最大の特徴です。

古墳アクセサリーのイヤリング・ピアス・ネックレスのモチーフになっている仁徳天皇陵古墳とは?

百舌鳥古墳群の空撮02

古墳アクセサリーのイヤリング、ピアス、ネックレスのモチーフになっているのは、百舌鳥古墳群を代表する古墳「仁徳天皇陵古墳」です。では次に、仁徳天皇陵古墳とは何なのかを見ていきましょう。

天皇や王を埋葬するお墓は、秦の始皇帝の始皇帝陵、エジプトのクフ王のピラミッドにも見られるように、大規模なものが多いです。それはやはり、本人の権力の大きさや偉大さを示すためだからです。

仁徳天皇陵古墳も、始皇帝陵とピラミッドを合わせた世界三大墳墓の一つにあたります。あまりに規模が大きかったため、仁徳天皇陵古墳は20年もの時間をかけて築かれたと言われています。まさに、日本を代表する古墳です。

円と四角を合わせた鍵穴のような形をしていて、古墳の種類は前方後円墳になります。くびれ部分には造り出しがあり、三重にもわたる濠があたりをかこっているのが特徴的です。

ちなみに仁徳天皇陵古墳に周りには、陪塚(ばいちょう)と思しき古墳が10基以上築造されています。陪塚とはいわば従者の墓で、仁徳天皇に伴うようなかたちで築かれたと考えられます。

古墳アクセサリーでおしゃれを楽しもう!古墳デザインのピアス・イヤリング・ネックレスなどを販売する紙cafe

古墳デザインのイヤリング

古墳アクセサリーは、古墳好きの方にはぴったりの古墳グッズです。

紙cafeで取り扱う古墳アクセサリーは、ピアスやイヤリング、ネックレスなど普段使いしやすいものが多く、デザインもとてもおしゃれです。レトロ感たっぷりの真鍮素材も、おすすめポイントの一つ。

古墳巡りの際にモチベーションを高めるなら、古墳アクセサリーはもってこいのアイテムでしょう。同じ古墳好きの方へのプレゼントにもおすすめです。古墳がモチーフとなったおしゃれアイテムをお求めの際には、紙cafeの古墳アクセサリーをぜひご購入ください。

古墳アクセサリーを購入するなら紙cafe

会社名 株式会社つーる・ど・堺
サイト名 紙cafe オンライン商店
運営統括責任者名 田中幸恵
住所 〒590-0982 大阪府堺市堺区海山町1丁8−4
TEL 072-227-4619
メール shop@kami-cafe.jp
URL https://shop.kami-cafe.jp/