カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 古墳グッズ・お菓子・エコバッグはお土産におすすめ!古墳の形の種類

古墳グッズ・お菓子・エコバッグはお土産におすすめ!古墳の形の種類

古墳グッズを古墳巡りの際に購入するなら、古墳についての知識はぜひつけておきたいところです。歴史でよく耳にする「古墳」とは何のことなのでしょうか。そして、古墳にはどんな形や種類があるのでしょうか。古墳グッズをそろえる際に古墳の知識を増やしておくと、古墳グッズの楽しみ方もより広がります。

そこでこちらでは、古墳とは何か、そして古墳にはどんな種類があるのかを紹介いたします。古墳グッズを販売する紙cafeでは、お菓子やエコバッグ・マスクケースやポストカードなどお土産にぴったりのものをたくさん販売していますので、古墳の知識とともにチェックしてみてください。

そもそも古墳とは?

古墳と階段

紙cafeは、ユニークな古墳グッズを扱うお店です。人気の古墳グッズのラインナップはアクセサリーやブローチ、ポストカード、お菓子、はちみつ、マスクケースなどがあります。古墳が好きな方、古墳巡りをされている方には、日常的に使うアイテムやお土産として高い人気を得ているのがポイントです。

そんな古墳グッズのモチーフ「古墳」ですが、そもそも古墳とは何なのでしょうか。学生の頃に歴史の授業で軽く習ったきりで、詳しいことはよくわからない…という方も多いかもしれません。まずは、古墳グッズをそろえるときの予備知識として、古墳とは何なのかを整理してみましょう。

古墳とは、簡単にいえば大きなお墓のことを指します。古墳を築く文化があったのは3世紀〜7世紀頃のことで、王族をはじめとした高い身分の人たちが大小、形も様々な古墳を全国各地に築いているのが特徴的です。

古墳の数は、なんと16万基以上とも言われています。「詳しいことはわからないけれど、地元にも古墳がある」という人は多いのではないでしょうか?

それくらい日本にはたくさんの数・種類の古墳があり、歴史好き・日本文化好きの人々を、今の時代も魅了し続けています。

古墳グッズを買う前にチェック!古墳の種類

円墳

古墳グッズで古墳に触れるなら、どのような古墳があるのか、詳しいことはぜひ知っておきたいところです。古墳は主に、その「形」で種類が分かれています。

円墳

全国にある古墳のうち、最も種類が多いのが円墳です。円墳はその名のとおり、円の形をした古墳で、規模としては小規模なものが多いのが特徴的です。ただし、中には直径100mを超えるような大規模な円墳も存在します。

前方後円墳

前方後円墳は、より身分の高い人にだけ築くことを許されていた特別な古墳です。円と長方形を合わせた形が特徴となっており、「鍵穴」をイメージするとわかりやすいでしょう。前方後円墳は、主に王族やその地域で相当な権力を持っていた首長のお墓とされています。

方墳

方墳は、円墳と同じく一般的な古墳の一つです。四角い形をしているのが特徴的で、円墳の次に数が多くなっています。

そのほかにも、前方後方墳、帆立貝式古墳、双円墳、双方中円墳など、古墳には様々な種類があり、形を見るだけでもとても奥が深いのがわかります。

紙cafeでは、こういった古墳をモチーフとした古墳グッズを種類豊富に制作・販売しており、「墳活(ふんかつ)」中の方から好評をいただいています。

古墳グッズで歴史に触れよう!紙cafeで販売するお菓子やエコバッグをお土産にどうぞ

堺柄エコバッグ(ブラック)

紙cafeでは、お菓子やエコバッグ、マスクケースなどの古墳グッズを豊富に販売しています。古墳巡りの折には、古墳巡りらしさたっぷりの古墳グッズをお土産にするのがとてもおすすめです。

古墳とは、王族や地方有力者が埋葬してあるお墓のことです。その数は日本全国でも16万基以上にも及び、様々な場所で1000年以上も前の歴史を感じることができます。古墳グッズをお求めの際には、ぜひ古墳についても理解を深めてみてください。知らなかった日本の歴史に巡りを感じることができ、古墳巡りの楽しみ方も増えるでしょう。

紙cafeでは、「紙」「堺」「古墳」にこだわったオリジナル雑貨を販売しています。古墳グッズのほかにも、エコバッグやお菓子など様々な雑貨を販売していますので、お土産やプレゼントにぜひお買い求めください。

古墳グッズをお探しなら紙cafe

会社名 株式会社つーる・ど・堺
サイト名 紙cafe オンライン商店
運営統括責任者名 田中幸恵
住所 〒590-0982 大阪府堺市堺区海山町1丁8−4
TEL 072-227-4619
メール shop@kami-cafe.jp
URL https://shop.kami-cafe.jp/