カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 埴輪グッズなら紙cafe ピアス・ネックレスなどの埴輪アクセサリーを販売 埴輪と土偶の違い

埴輪グッズなら紙cafe ピアス・ネックレスなどの埴輪アクセサリーを販売 埴輪と土偶の違い

紙cafeでは、埴輪デザインのピアスやネックレスなどのアクセサリーを販売しています。ユニークでかわいい埴輪をモチーフに、おしゃれに作られているのがポイントです。埴輪や古墳などの歴史文化が好きな方は、遺跡や古墳巡りの際にぜひつけてみてください。

こちらでは、埴輪グッズを見つける際に知識としてつけておきたい、埴輪の特徴や概要、土偶との違いを紹介します。埴輪について勉強しながら、お気に入りの埴輪グッズを探してみましょう。

そもそも埴輪とは?

埴輪

かわいい埴輪グッズをお探しなら、紙cafeで販売している埴輪のアクセサリーがおすすめです。ピアスなどのかわいい埴輪グッズが種類豊富にあり、たくさんの古墳がある堺市にふさわしいお土産・プレゼントです。デザインも上品でおしゃれな雰囲気があり、普段使いできる魅力を持っています。

まずは、埴輪グッズをそろえるときの予備知識として、そもそも埴輪とは何なのかをチェックしていきましょう。埴輪について「そういえば詳しいことを何も知らなかった」という人が意外と多いのではないでしょうか?

ちょっとユニークで、ゆるくてかわいい雰囲気もある、そんな埴輪とはそもそも何なのでしょうか。

埴輪とは、古墳で高貴な身分の人を埋葬する際に、副葬品として古墳の周りに置かれた焼き物のことです。埴輪というと面白いポーズをとっている人型の焼き物をイメージしがちですが、埴輪として多いのは、円筒や動物の形をしたものです。

実際に百舌鳥・古市古墳群からもたくさんの埴輪が出土していますが、人の形をした埴輪よりも動物、道具などの埴輪が一番多いです。

また、埴輪の素材は粘土が基本ですが、たまに木で作られた埴輪も見られます。

埴輪と土偶は何が違う?

土偶と埴輪

埴輪について知識を深めるうえで知っておきたいポイントが、もう一つあります。それは埴輪と土偶にはどのような違いがあるのかという点です。埴輪と土偶はよく混同されがちですが、両者は似ているようでまったく違う特徴を持ちます。それぞれの違いを見ていきましょう。

時代・文化の違い

埴輪も土偶も粘土を素材とした焼き物ですが、そもそも作られた時代はまったく違います。

埴輪は古墳時代に作られたものですが、土偶が作られた時代は縄文時代までさかのぼります。縄文時代は紀元前、古墳時代は3世紀半ば〜7世紀になるため、何百年も時代が違うことがわかります。

目的の違い

埴輪と土偶には、作られたときの目的も違います。土偶は安産や豊穣の祈祷のために作られた神器のようなもので、いわば天への捧げものです。しかし埴輪は古墳を一周するように置かれる副葬品のような扱いで、高貴な身分の人の死を弔うために作られたという違いがあります。

形の違い

埴輪と土偶には、形の特徴からも大きな違いを発見することができます。土偶は女性をモデルにして作ったものですが、埴輪は人間、動物、道具など、形・モデルは多岐にわたっているのです。

紙cafeで取り扱っている埴輪グッズは、よく見かける人型や馬型のかわいいピアスなどがあります。お気に入りの埴輪グッズを、ぜひ見つけてみてください。

埴輪グッズのアクセサリーは歴史好きさんにはぴったり!紙cafeではピアスやネックレスなど多数販売

埴輪は、古墳を囲うように用意された焼き物のことです。偉大な権力者を弔うための置物で、神様に安産や豊穣を祈るために作られた土偶とはまったく違うものなので、混同しないように注意しましょう。堺市の百舌鳥古墳群でも、数多くの埴輪が出土しています。

かわいい埴輪グッズは、紙cafeで販売するピアスやネックレスなどのおしゃれなアクセサリーがおすすめです。普段つけていてもおしゃれで上品に見えるデザインがとても魅力的なので、ぜひ紙cafeの埴輪グッズをチェックしてみてください。

埴輪グッズを手に入れるなら紙cafe

会社名 株式会社つーる・ど・堺
サイト名 紙cafe オンライン商店
運営統括責任者名 田中幸恵
住所 〒590-0982 大阪府堺市堺区海山町1丁8−4
TEL 072-227-4619
メール shop@kami-cafe.jp
URL https://shop.kami-cafe.jp/